三豊市の歯医者なら

〒767-0004 香川県三豊市高瀬町比地226-1
JR予讃線比地大駅より徒歩10分

診療時間
9:00~13:00 × ×
14:00~18:00 × ×

△:14:00~17:00/休診日:木曜日・日曜日

ご予約・お問合せはこちら

0875-72-3788

当院の虫歯治療

私たちは患者さまの負担を軽くしたいと考え、できるだけ痛みが少なく、またできるだけ削らずに済む虫歯治療に取り組んでいます。

痛みの少ない治療

「痛みが苦手だ」という理由で歯科医院への受診をためらっている方はいませんか?そのような方を一人でも多く助けたいと考え、私たちは、できるだけ痛みを感じさせない治療に力を注いでいます。

治療中の痛みを軽くするために行う「麻酔」。しかし、そもそもこの麻酔の注射が痛くて嫌だという方も多いでしょう。そこで当院では、痛みが少なくなるよう、麻酔注射の打ち方に工夫を凝らしています。

第一に、表面麻酔。注射針が入るときの痛みを軽くするため、あらかじめ、歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用しています。麻酔がかかった状態の歯ぐきに注射をする分、感じる痛みはグッと軽くなります。

第二に、細い注射針。針は細ければ細いほど痛みが少なくて済むため、当院では極細の注射針を採用しています。

第三に、電動式の注射器。麻酔液を注入していく速度を一定に保つと痛みを感じにくくなるため、電動式注射器を使用して注入速度のムラをなくし、痛みを軽減しています。

痛みが怖くて治療をためらってしまっている方にこそ来院してほしいと考えながら、日々の診療に励んでおりますので、ぜひ気軽にお問合せください。

できるだけ歯を削らずに済む「MI治療」

歯というものは、削れば削るほどに脆くなるもの。脆くなった歯は、虫歯の再発を起こしやすくなります。患者さまの大切な歯を長もちさせるためには、できるだけ削らずに治療を済ませたほうが良いと言えます。

当院では、虫歯菌に侵されていない健康な歯の組織を極力削らず、虫歯の部分だけを狙って削り取る虫歯治療「MI治療」(ミニマルインターベンション)に取り組んでいます。

歯を削らないための工夫

歯を削るときには、虫歯の状態に応じ、「拡大鏡」と呼ばれる歯科用のルーペを使用。これにより患部を大きく拡大して確認ができるため、健康な歯をできるだけ傷つけずに削れるのです。

削った後は、お口の型を取って金属の詰め物を作る方法に比べて、歯を削る量が少なくて済む「コンポジットレジン」(歯科用プラスチック)の詰め物をすることも可能です。ご希望に合わせ、最も適切と考えられる治療を行います。

長い目で見たときに、いかに患者さまの歯を長持ちさせられるかに重点を置いた虫歯治療に取り組んでおりますので、安心してお任せください。

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

お知らせ

年末年始のお休み
12月28日〜1月3日までお休みとなります。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

0875-72-3788

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~13:00
午後:14:00~18:00
△:土曜日は17:00まで

休診日:木曜日・日曜日